コペンセロクーペコンセプトかっこいいけど市販化は?

2016年1月15日から開催されている東京オートサロン16に、ダイハツのオープンスポーツカー「コペン セロ」のコンセプトモデルが出品されています。

「コペン セロ クーペコンセプト」は、その名のとおりコペン「コペン セロ」のクーペバージョンです。

オープン2シーターモデルにクーペモデルが設定されるケースは珍しくなく、例えば、BMWのZ3クーペやZ4クーペ、マツダのロードスタークーペなどがその例です。

アウディTTのように最初からオープン2シーターとクーペの両方が用意されているケースもありますが、オープンモデルが登場してから後でクーペ版が登場するケースも比較的多いです。

そして、そういったケースの場合、クーペモデルは販売台数が少なく、中古車市場でも高値で取引されるケースが多いです。

希少価値に加えて、オープンボディよりも雨漏りの心配が少なく剛性面でも有利ということも高値で取引される要因でしょう。

しかし、「コペン セロ クーペコンセプト」の場合、それらのモデルとはちょっと事情が違い、Dフレームという骨格で強度を保っているので、オープンボディでもクーペボディでもあまり差がありません(可動部分があることによる故障や雨漏りのデメリットはありますが)。

要するに、基本的に骨格だけで強度を保っているので、外側のパーツはほぼ見た目の違いだけということになります。

ならば、単純にボディを着せ替えるだけなので、簡単に市販化できそうなものですが、実際にはいまのところ市販化は難しいとのこと。

オープンカーにはオープンカーにしかない爽快感や一体感というものがありますが、デザイン面ではやっぱりクーペボディのほうが美しくて、もし市販すれば台数は少ないでしょうけど根強い人気の車になることは間違いありません。

もし発売され、極端に生産台数が少なかったりしたら相当なプレミアがつくでしょうから、将来の値上がりを期待して大事にガレージに保管しておくという人も出てきそうです。

ぜひ、ホンダの「S660ネオクラシックコンセプト」とともに市販化し、日本の道路をちっちゃな美しいクーペたちが走る姿を見せて欲しいものです。

コペンセロクーペコンセプトの詳細情報はこちら




Share