トヨタの新型ハイブリッドコンパクトSUVのC-HR市販版がかっこいい!


※画像はライバルとなるヴェゼル

間もなく発表されるトヨタのハイブリッドコンパクトSUV「C-HR」の市販モデルがめちゃくちゃかっこいい!

コンセプトカーの「C-HR」は、さすがにこのまま市販化はムリかなと思えるほど戦闘的で挑戦的なルックスでしたが、市販モデルもかなりコンセプトカーの雰囲気を残しています。

さすがにコンセプトモデルほど窓がちっちゃくはないですが、全体的な雰囲気はほぼ踏襲した感じです。

いままであまりかっこいいと思ったことはないキーンルックも、「C-HR」ではすごく似合っています。

車のキャラクターとキーンルックがマッチしているし、トヨタもやっとキーンルックの使い方に慣れてきたというところでしょうか。

あるいは、自分の目のほうが慣れてしまったのか…

後席のドアガラスからリヤウインドウにかけての処理なんかは、レクサスNXやレクサスRXと共通するものがあり、いかにもトヨタの最新のSUVといった感じです。

コンセプトモデルを見たときは、日産ジュークのライバルなのかと思いましたが、市販モデルを見てみると完全にヴェゼルのライバルですね。

販売絶好調のヴェゼルがマイナーチェンジしてRSを追加するなどテコ入れをしましたが、「C-HR」の発売を意識したものであることは明白です。

それにしても、「C-HR」が先進的すぎて、ヴェゼルと並んだらヴェゼルが一気に古臭く見えてしまいますね。

あまりにも先進的すぎて拒否反応を起こす人もいると思いますが、個性的なデザインのジュークがこれだけ売れているのですから、「C-HR」もすぐに受け入れられるようになるでしょう。

あとは価格が問題ですが、200万円前後からの価格設定なら、間違いなくSUVトップの人気となりそうな予感がします。

日産もホンダもうかうかしてられないですね。

特に、ホンダは、ヒット車種を出すもののトヨタに強力なライバル車を送り込まれ人気が下火になっていくというパターンを今まで何度も経験しているので、しっかり頑張って欲しいところです。



Share