新型プリウスはかっこいいのかかっこ悪いのか

新型プリウスのデザインが話題になっていますが、賛否両論ですね。

デビュー前の偽装された状態では、かなりかっこいいのではと期待したのですが、実車を見たときの正直な感想は「かっこ悪い」でした。

トヨタは、わりと奇抜なデザインの車を発売するのが好きで、最初は物議をかもすのですが、見慣れてくるとだんだんかっこよく見えてくるという「トヨタマジック」を得意としています。

新型プリウスにも、このトヨタマジックが使われているわけですが、今回のプリウスに関しては、時間が経ってもかっこよく見えてくる気がしません。

似たデザインのMIRAIはかっこいいと思うのですが、プリウスはどうも・・・・・・

インテリアは、包まれ感と広々感が増してかなり良くなったと思いますが、外観はみんながかっこいいと思えるデザインではないですね。

特にヘッドライトの形はむりやり感がハンパないです。

ネームバリューと燃費の良さで、それでも売れることはわかっていますが、旧型のプリウスは燃費の良さよりもかっこよさで買っていた人も多いと思うのですけどね。

「ハイブリッドといえばプリウス」だったのに、アクアの発売によって自らプリウスのブランド力を落としてしまった感のあるトヨタ。

ここへきてちょっと迷走を始めた感じがしますね。




Share