車の買い替えで100万円得する方法



車の買い替えで100万円得する人と損する人がいることを実話で検証

車の買い替えで100万円損する人がいることを知っていますか?

これ、現実の話なんです。

乗りたい車があって、今乗っている車を手放して乗り換える場合、その乗り換えの方法によって100万円以上もの差が生まれることがあるんです。

「下取りよりも買い取りがおすすめ」というのは聞いたことがあると思いますが、それだけではないんです。

「いつ、どこで、どんな条件で」というのが非常に重要で、これをきっちり守ることで現実に100万円以上得することもあるのです。

ここからは、実体験に基づいた内容でそのお得な買い替え方法を紹介していきます。



車の買い替えで100万円得する方法とは

私は、ランドクルーザープラドに乗っていました。

とても大きく立派に見える車で満足していたのですが、7年乗っている間に自分も歳を取ってしまって、ある日立体駐車場の柱にリヤコンビランプをぶつけて破損してしまいました。

ランプが衝撃を吸収して柱には破損がなく、ボディも他には被害はなかったものの、リヤコンビランプの交換で4万円以上の出費となり、大きな車を運転することに対して自信もなくしてしまいました。

とても大切に乗ってきたのでこれまで傷はひとつもつけたことがなく、だからこそショックも大きかったのです。

「もうそろそろ小さな車にしないとダメだな」と思い、軽自動車への乗り換えを決意しました。

しかし、軽自動車といえども様々な種類があり、最近の軽自動車は本当に快適だし装備も充実していますので、何でもいいというわけではありません。

燃費、走行性能、快適性などあらゆる面を検討した結果、乗り換える車はワゴンRスティングレーのハイブリッドTに絞りました。

そして、早速スズキのディーラーでプラドの査定とスティングレーの見積りをお願いしたところ、値引きを入れて14万円の追金という結果でした。

軽自動車とはいえ、全方位モニターなどのオプションまで加えると総額200万円くらいになるので仕方ないかなという気持ちはありました。

また、プラドも7年乗って5万キロ以上走っていましたので、そんなに強気に出るわけにもいきません。

ただ、トヨタの公式サイトで概算の査定額を見てみると、198万円と出ていました。

スズキの査定が180万だったので、さすがにこれは低すぎると思い、近くのラビットに査定をしてもらうと、なんと230万円という回答。

この時点で50万円の差が出ています。

買い取り専門店だと、オプションや程度などしっかり見てくれ、オークション相場などを参考に査定してくれるので、特に人気車だとこのように大きな差が出ます。

スティングレーの見積りが194万円だったので、ラビットに買い取りしてもらえば追金払うどころか36万円お釣りがくることになります。

いやー、ディーラーに下取り入れなくてよかったですね。

この時点で、黙ってディーラーに下取りに出している人は知らない間に数十万円損していることになるという事実に気づくでしょう。

ただ、ディーラーの下取りがすべて悪いわけではありません。

今回はトヨタの車をスズキに下取りという状況だったのでこのような結果になりましたが、これがスズキの車であれば高く下取りしてもらえる可能性があります。

なぜなら、下取りした車をすぐに自社で中古車として売りやすいからです。

なので、下取りが絶対ダメというわけではないのですが、必ずどこか一社だけでも買い取り専門店に査定をしてもらってから比較することを強くおすすめします。

さて、ここですでに50万円の得をすることになったわけですが、「あれ?100万円得するという話では?」と思われた方も多いでしょう。

大丈夫です、まだ先があります。

私は一度はラビットに買い取りをお願いしようと思ったのですが、ふとあることに気づきました。

そうです、買い取り店の査定額というのは、基本的にすぐに買い取りしてもらった場合の額になります。

つまり、いま手放せばという話なので、次の車が納車になってからだと、またそのときの相場で再査定されることになってしまい、もしもそのときに相場が落ちていたら損してしまうことになります。

車検残だってそのぶん少なくなるので、かなり下がってしまうのは確実でしょう。

ならば、次の車の納車まで車なしで過ごすのか・・・それも不便です。

かといって、それほどの人気車でなくても新車だと納車まで2ヶ月はかかるのが当たり前なので、そこをどう乗り切るかが問題です。

そんなこんなで、ラビットへの売却はちょっと保留し、近所の中古車専門店に試しに査定してもらいました。

すると、なんと235~255万円という査定額になったではありませんか。

あまりの高額査定に、調子に乗って「270万だったら売ります!」と言ったら、さすがにそれはムリと言われました(笑)

しかし、買い取りではなくオークション代行であればもしかすると270万円お渡しできるかもしれませんと。

ええ?マジですか??

180万⇒270万て、同じ車を手放して90万円も差が出るんですか?そんなバカな!!!

いやー、知らないって怖いですね。

ただ、オークション代行だとあくまで代行なので、代行手数料を取られるという問題があります。

また、買い手がつかなければ流れるわけで、その場合出品手数料が無駄になってしまいます。

そして、売れるまで出品を続けなければいけないので、運よく売れればいいですが、売れなかったときはお金も時間もどんどん無駄になっていきます。

さすがにそこまで面倒なこともしたくなかったので、最終的に「買い取りだったら最高いくらまでいけますか?」と聞いてみたところ、「次の車をうちで買っていただけるなら260万で買い取ります。」とのこと。

売れるかどうかわからないオークション代行で270万なら、10万円の差で確実にお金になるほうがよいと考え、260万円で手放すことを決意。

ただ、次の車をそこのお店で買うという条件を付けられたので、こちらも車が見つかるまでの間代車を貸してもらうという条件を付けました。

これで、すぐに車を手放しても車なしの生活をしなくて済みます。

自分でレンタカー借りること思えば、ここでも何万円も得してますよね。

ちなみに、そこのお店はオークション代行もやってますが基本的には買い取った車をそのまま店頭で売るので高価買取ができるとのこと。

また、依頼があれば個人売買の仲介もやってくれるというすばらしいお店です。

で、スズキのディーラーよりも80万円高くプラドを手放すことに成功しました。

あとは、スティングレーをいかに安く買うかです。

狙い目としては未使用車(俗に言う新古車)なのですが、スティングレーはデザインが個性的なのであまり人気がなく、その中でもターボはとにかく台数が少ないので、未使用車を探してもなかなか見つかりません。

しかも全方位モニターは絶対欲しかったので、そこまで絞ると本当に台数が少ないんです。

最初はオークションで探してもらう予定でしたが、ほとんど出品がなく、たまにあっても色が奇抜なやつとかで、なかなか希望通りの車がありません。

こちらは田舎なので地元では見つからず、なので、今度はガリバー
などで全国の中古車から未使用車を探すことに。

さすがに全国探せば時々希望通りの車が見つかるのですが、買い取りの条件に「次の車をうちの店から買う」というのがあるので、業販してもらえることが前提となります。

※「業販」とは、別のお店に店頭価格よりも割り引いて売ること。売ってもらったお店は、そこに利益を乗せて自分のお店のお客さんに売ります。

そこで、気になる車を見つけたら業販できるか問い合わせしてもらうようにしたのですが、「業販はやっていない」という回答が多く、なかなか購入できません。

直接買うのなら遠方でもだいたい対応してくれますが、軽自動車(特に未使用車)はもともと利益が薄く、しかも黙っていても売れるものなので、業販はダメと言われるケースが多いですね。

でもプラドはもう手放してしまったし、代車も借りているし、いまさら自分で探して買いますとも言えないですし、買取額のことばかり考えて失敗したかなとも思いました。

が・・・そんな矢先、お店から一本の電話が入りました。

「見つかりましたよ!ちょうど希望にぴったりの車が買取で入ってきそうなんです!」と。

いやー、そんなことあるんですね。

まあ、こちらとしては代車があるのでひとまず困らないし、お店側も代車を貸しているのでできるだけ早く車を見つけたいし。

ということで、こちらとしてはかなり有利なわけです。

なんでも、あらゆる方面に私の希望の車が入ったら連絡するように声をかけていたそうで、わずか2週間程度で希望の車を見つけることに成功しました。

正直、地元で見つけることは諦めていたので、本当に奇跡ですね。

ただ、未使用車ではなく、3年落ちで3万キロ弱走っているとのこと。

その代わり、総額140万円でOKということでした。

こちらは田舎なので特に軽自動車の中古は相場が高めなのですが、この総額だと関東レベルという感じなので、中古でもまあいいかなと。

それに、買い取りで入ってくる車なのでネットで買うのと違い現車を確認できますからね。

写真ではわからない細かい部分や車内の匂いなどもしっかり確認できます。

そのうえでの140万円ならいいかなと思いました。

新車よりも50万円くらい安いですし。

未使用車にこだわっていたのは、ネットだとそういった細かい部分や車内の匂いなどが確認できないので、そのリスクを減らすためというのもあったんですよ。

なので、現車を見られるのなら中古でもOK。

しかも、車検が数ヶ月後なのでその車検費用も込みにしてくれるとのこと。

さらにさらに、前オーナーが車好きでとても大事にしているうえに、かなりお金をかけているとのこと。

あまり変ないじり方だと嫌だなと思ったのですが、買い取りに出したプラドを見て、「このいじり方なら気に趣味が合うので気に入ってくれるはず」と思ったとのこと。

担当の店員さんも車好きな方なので、そういった部分までちゃんと考えて探してくれてたんですね。

やっぱり、ここのお店で次の車を買う条件でプラドを目いっぱい高額買取してもらったのは正解でした。

買取してもらったお店でそのまま次の車を購入すると、こういったメリットもあるんです。

で、後日現車を見てみると、ナビ、スピーカー、各種保護マット、LED照明、フロントリップ、社外アルミなどなど、ひととおり全部お金かけてあるではありませんか。

しかもセンスが良いいじり方でやりすぎてないのが好印象。

ボディコーティングもしてあってピッカピカ。

自分でやりたかったことが全部最初からしてある感じなので、あとから一切お金かけなくて済みますし納車も時間がかかりません。

そしてナンバーも白ナンバーがついていて、陸運局の管轄が変わらないのでそのまま使うことができ、費用も待ち時間も必要なし。

パーツや取り付け費だけでざっと見積もって30万円くらいはかけてますね。

3年弱しか使っていないそれら全部タダで付いてくる感じです。

で、禁煙ワンオーナーの程度極上で車検も2年以上ついて全国相場よりやや安めくらいで買えました。

ちなみに、田舎なので仮に他で見つけても陸送費かかって結局高くなっちゃうんですよ。

そこまで考えると、いったい何十万円得したのかもうわかりませんね。

で、結局どうなったかというと、

◆スズキのディーラーで買い替えた場合・・・14万円の追金

だったのが、

◆近くの中古車販売店で買い替えて・・・120万円手元に残った

という結果になりました。

134万円の差ですよ!!

買い方・売り方ひとつで134万円も損するんですよ!!

3年落ちの中古車になったのでそこの差はありますが、その代わりに、新車で買ってから30万円分くらいお金かけるところだったのがゼロになりましたから、そう考えると100万円以上は余裕で得した計算になりますね。

いかがですか?

車の買い替え時に、「知らない人は100万円損する」というのは本当の話なんです。

もちろん、売る車や買う車の種類、そのときの相場、そして運なども関係してくるので一概にいくらとは言えませんが、ディーラーの下取り価格をそのまま信じて買い替えることがいかに危険かわかっていただけたと思います。

車の買い替えを考えるようになったら、まずはディーラーで下取り価格と新車の見積もりを出してもらい、その後に一括買取査定で本当の価値を知ることが、あなたが損をすることを防ぐ一番の方法なのです。

↓↓↓一括査定申込はこちらが便利です↓↓↓


車の買い替えで100万円得する人と損する人がいることを実話で検証

ちなみに、プラドの新車購入価格はオプション込みで約380万円でしたから、7年乗って残価率約7割というバケモノ的な車です。

賢い買い替えには、残価率の高い車(つまり値が下がらず売るときに高く売れる車)を選ぶこともポイント。

ただし、軽自動車の場合はもともとの価格がそれほど高くなく需要も安定しているのでどの車種でも比較的残価率が高く、そこまで神経質にならなくて大丈夫です。

しかし普通車の場合は同じ価格の車でも数年後の相場に数十万から数百万の差が出る場合があるので、車種選びは慎重に行いましょう。

Share