トヨタの新型コンパクトSUV C-HR(ハイブリッド)試乗レポート

斬新なデザインで何かと話題のトヨタC-HRに試乗してきました。

C-HR(シーエイチアールもしくはシーエッチアール)は、日産ジューク、ホンダヴェゼル、マツダCX-3などで活気づいている人気のコンパクトSUV市場にトヨタが送り込んできた新型車です。

1.8Lのハイブリッドと1.2Lのターボという2種類の動力に、それぞれ上級グレードのGと廉価グレードのSを設定し、全4グレードでの展開となっています。

試乗したのは、最上級グレードとなるハイブリッドのGで、価格はなんと約290万円!

ハイブリッドとはいえ、このサイズにしてはかなり強気の価格です。

しかも、試乗車には約15万円のLEDヘッドランプが装備されていたので、車両だけで300万円超えということになります。

これにナビやオプション、諸経費などを加えると総額350万円超えてきますね。

余りの高価格に驚きながら試乗を開始すると、確かにコストはかかっている印象は受けました。

乗り心地はとてもフラットで、もちろんハイブリッドなので走り出しなどはモーター走行でとても静かですし、とにかく滑らかです。

SUVですが突き上げ感がなく、重心の高さも意識させず、走りはとても安定していて上質です。

走っているときの印象はアウトランダーPHEVに近い感じなのですが、それよりも目線が低くスポーティで、エンジンが回っているときの騒音も抑えられているのが好印象でした。

ハイブリッドの制御もとても自然で、この完成度の高さはさすが長年ハイブリッドカーを量産しているトヨタならではだなと感心しました。

ファミリーカーとして使うには視界の悪さや閉塞感がやや気になるところですが、快適なデートカーとして使うにはピッタリな車だと思います。

室内のデザインや素材感もとても凝っていて、ドライバーを包み込むようにデザインされたインパネは近未来感もあります。

意外だったのは、リヤシートが意外に普通に乗れるということ。

デザイン的に近い日産ジュークの場合はリヤシートがとても窮屈なのですが、C-HRはごく普通に乗れるレベルです。

このデザインでよくこれだけの空間を確保できたなと思います。

ただ、窓が非常に小さいので、閉塞感はあります。

基本は1人または2人で乗る車でしょう。

全体の印象として、外観から想像するよりもずっとジェントルで快適な乗り心地です。

加速も驚くほど強烈ではないですし、サスペンションも特別硬いわけではありません。

とても静かで快適な車です。

カタログがレクサスのような雰囲気に仕上げられているのですが、まさに乗った感じもレクサスのような雰囲気です(流れるウインカーもレクサス譲りですし)。

外観のデザインも、写真で見るとかなり大胆に感じますが、実車を見ると意外に普通です(笑)

しかも、実車はかなり小さく見えます。

正直、300万円以上する車には見えません。

このデザインであとふたまわり大きかったらかなりインパクトがあると思うのですが、実車を目の前にしてみるとそれほど奇抜な車ではないので、写真で見て派手すぎるというイメージを持っている人は、実車を見てみたほうがよいかもしれません。

C-HRの登場で他のコンパクトSUVが大きく影響を受けるのではないかと思っていましたが、C-HRはコンパクトSUVの中でもかなりプレミアムな方向に仕立てられているので、他社のコンパクトSUVはあまり影響を受けないのではないかという気がしてきました。

CX-3は多少影響を受けるかもしれませんが、ジュークは価格帯が違いますし、ヴェゼルは居住性や一般受けしやすいデザインという面で直接の競合にはならない気がしますし、むしろC-HRの登場によって低価格の他車の人気が高まるのではないかという気さえします。

251万円からという強気の価格設定は、あえて他のコンパクトSUVとは格が違うということを示すためのものであり、直接の競合を避けてコンパクトSUV市場全体を盛り上げることを狙っているのかもしれません。

仮にトヨタがそれを狙っていなくても、そういう存在になる車だと思います。

もしかして、ここまでコストをかけたのは、C-HRをベースにレクサスのコンパクトSUV(レクサスCX?)でも開発しようとしているのかなあなんて思ってしまいましたが、果たしてどうなんでしょうか。⇒(2017.5.25追記)どうやら新型コンパクトクーペSUVのレクサスUXのベースなるようです。やっぱりレクサス品質を目指した車だったんですね!



Share