メルセデスベンツGLCクーペ発表間近日本への導入は?

メルセデスベンツの新型クーペSUVの「GLCクーペ」が、ニューヨークモーターショー2016で発表されます。

デザインはほぼ判明していますし、ほとんどGLEクーペを小さくしただけのデザインなので、発表前でも想像はつきますけどね。

フロントマスクやインテリアもGLCと基本同じなので、そういった意味ではとくに楽しみはありませんが、リヤ周りの最終的なデザインがどうなっているのかが気になるところです。

あとは価格ですね。

クーペSUVの分野ではBMWが先行していて、2代目となるX6や新型車のX4などがすでに日本でも発売されていますが、ベンツはこの分野ではかなり遅れていて、やっと今年中にGLEクーペが日本導入になりそうといったところ。

GLCクーペの日本発売は2016年内に間に合うかどうかってとこですね。

個人的に一番気になっているのは、実車のオーラです。

BMW X6は独特のオーラがあり、X4も発売前はかなり期待していたのですが、実車を見てみたらX6のようなオーラがなく、けっこう普通の車に見えてしまいます。

基本的な形は同じはずなのですが、ちょっとサイズが違うだけでこんなに存在感に差が出るものなのかと意外に思いました。

その例からすると、GLEクーペの小型版となるGLCクーペも、同じように実車にはあまりオーラがないのかなとも思ってしまうのです。

そもそも、GLEクーペさえまだ日本導入されていないので、そのオーラについても未知なんですけどね(笑)

なにはともあれ、もうすぐ発表なので、楽しみに待つことにしましょう。



Share