ルーミー、タンク、トール、ジャスティ、1Lターボ試乗レポート


話題のトヨタ ルーミー(トヨタ タンク、ダイハツ トール、スバル ジャスティ)の1リッターターボに試乗してきました。

トヨタ ルーミーは、1リッターNAエンジンと1リッターターボエンジンをラインナップし、スズキ ソリオのライバルとして登場した新型車です。

軽自動車よりも一回り大きなボディにスライドドアを備え、広さ、運転のしやすさ、使い勝手の良さ、維持費の安さといった条件を高次元で併せ持つことを目指して開発された車です。

実際の生産はダイハツが行っていますが、トヨタ車としての知名度が圧倒的に高くなっています。

ソリオよりもボディがやや大きく、重量も100kgほど重いので、1リッターエンジンの走りはあまり期待できないと思っていますが、ターボモデルの走りが気になっていたので試乗してきました。

結果から言ってしまうと、かなり期待外れでした。

まず、ターボエンジンとはいえ1100kgのボディに1リッターはやはり非力で、坂道でも不足なくのぼるだけのトルクはあるものの、「おー、速いなー」と思うような加速感はまったくありません。

あくまで、街中を余裕をもって走ることができるといったレベルで、積極的に遠出をしようと思うような感覚にはなれませんでした。

また、加速時のエンジン音が非常に大きく、また、その音質も「ドー」という感じの低い音なので、かなり騒々しく感じます。

展示車を見ているだけだと、内外装の高級感はなかなかがんばっているなと思うのですが、実際に走り出すと走りがその高級感にまったく追いついていないのです。

そして乗り心地ですが、サスペンションの突き上げが大きく、揺れの収まりも悪いので、路面状況が悪くなると急激に乗り心地が悪化します。

さらにシートのサイズが小さいので、身体がしっかりホールドされず、それも乗り心地を悪くしているひとつの原因だと感じました。

座面の長さなどは明らかに不足しているので、これは要改善だと思います。

また、一緒に試乗した友人は、メーターが低すぎて見にくいと言っていました。

確かに、言われてみれば位置が低いので視線移動が大きく、しかもシフトポジションはインパネ上部のディスプレイに表示されメーターとの高低差も大きいので、情報の把握がスムーズにできない印象がありました。

止まって眺めているぶんには良い雰囲気なのに、実際に走り出してみるといろいろなことが気になってしまうという、そんな印象が強く残った試乗でした。

確かに、広さや収納力では軽自動車よりも上ですが、快適性という面ではわざわざ高い税金を払ってまで軽自動車から乗り換える価値はないように思えました。

以前乗った旧型ソリオのほうがもっと快適だった感じがするのですが・・・。

同じ日にソリオのフルハイブリッド仕様と乗り比べようと思ったのですが、この日は試乗車がなかったため実現しませんでした。

スペックやデザインではソリオよりも派手な感じなので、走りもけっこう期待していたのですが、正直、私には欲しいと思える車ではありませんでした。

後日、ソリオのフルハイブリッドに試乗し、比較も行ってみようと思います。



Share