新型日産ノートe-POWER試乗レポート

日産ノートのマイナーチェンジで新たに追加されたe-POWER(イーパワー)に試乗してきました。

e-POWERは、分類上はハイブリッドカーとなりますが、どちらかといえばEV(電気自動車)に近く、モーターの力だけで走ります。

しかし、EVとは違って充電の必要はなく、通常のガソリン車と同じようにガソリンスタンドでガソリンを給油するだけでOKです。

つまり、走行性能はEVなのですが、普段の使い勝手はガソリンエンジン車のままという、なんとも画期的な車のなのです。

「電気自動車のスムーズでパワフルな走りは魅力だけど、充電スポットを探したり充電の待ち時間が面倒」と思っていた人にとっては、理想の車といえそうです。

しかも価格は、電気自動車として考えると破格の177万円から!

燃費は37.2km/Lで、価格も燃費もちょうどトヨタのアクアとほぼ同じレベルです。

ただちょっと残念なのは、これが新型車ではなくマイナーチェンジモデルであるということ。

しかも、通常のガソリンエンジンのノートと比べても、外観上の違いはフロントのブルーのラインやe-POWERのエンブレムくらいで、特別感がありません。

また、インテリアもシフトレバーがe-POWER専用となっているのですが、リーフのパーツの使い回し感が強くて新鮮味がありません。

このあたりは、ハイブリッド専用の新型車として登場したアクアと比べてインパクトがないですね。

システム自体は画期的なのに、あまり注目されていない感が否めないのはそのあたりに原因があるのではないかと思います。

とはいえ、車好きとしてはちょっと気になる車なので、とりあえず試乗してきました。

スムーズさや力強さといった点では、さすが動力面ではEVなだけあって、リーフに迫る快適性でした。

が、試乗の前半ではエンジンが回っている状態が多く、通常のガソリンエンジン車に乗っているような感覚で運転している時間のほうが長かった気がします。

上り坂でアクセルを踏み込むとモーターの力強さを感じることができますが、エンジン回転数も上昇するので、ちょっとパワフルなガソリンエンジン車に乗っている感じです。

試乗の後半ではバッテリーがじゅうぶん充電されてEV走行の頻度が高まり、リーフのような静かな走行を楽しむことができましたが、ロードノイズなどの遮音などについてはもうちょっと頑張って欲しかったところです。

一番興味を持ったのは、ワンペダル走行が可能ということです。

この車には、走行モードが3つあり、エコ、ノーマル、スポーツをスイッチ操作で切り替えることができます。

このうち、エコとスポーツでは、アクセルを戻すと強力なブレーキがかかり、ブレーキペダルを踏むことなく走行することができるのです。

ハイブリッドカーやEVもアクセルを戻せば回生ブレーキが効いて急激な減速を行いますが、リーフe-POWERの場合はブレーキランプを点灯させて完全に停止まで行います。

つまり、通常の走行ではアクセルペダルとブレーキペダルの踏みかえが不要になるのです。

これはちょっと新しい感覚でした。

アクセルを戻して停車した場合、次にアクセルを踏むまで停車をキープしますので、渋滞のときなどは、アクセルを踏んで戻してという動作だけでストップアンドゴーが行え、ブレーキはまったく操作する必要がないのです。

慣れるまではちょっと違和感もありましたが、慣れればこれはけっこうストレス軽減になるかもしれません。

逆に、これに慣れてしまうと、他の車に乗ったときにブレーキを踏み忘れるかも?なんて心配もしてしまいました。

ちなみに、一度ブレーキを踏むとクリープが有効になり、通常のオートマ車と同じようにアクセルを踏まなくても低速で進みます。

短い試乗でしたので、e-POWERの魅力をすべて体験できたわけではありませんが、バッテリーの状態によってはほとんどEVのような感覚で乗れると思うので、価格面から考えると非常に魅力的な車ではあると思います。

それに、ガソリンを使ってエンジンで発電してくれるので、リーフと違ってバッテリー残量を気にせずにスポーツモードでガンガン加速を楽しむことができますし、郊外に出かけるときも充電スポットを探したりする手間が不要です。

EVに限りなく近く、でも、EVともハイブリッドカーともPHVとも違う、新しいタイプの車が誕生したなという感じがしました。

このシステムがセレナに載ったら、ノアやヴォクシーのハイブリッドにも対抗できる魅力的な車ができるんじゃないかという気がします。



Share