ND新型ロードスタークーペ風リトラクタブルトップ

ニューヨークオートショー2016で、ついに新型ロードスター(ND型)のリトラクタブルハードトップ(RHT)版が発表されました。

そして、そのスタイルは、誰もが予想し得なかったクーペ風のリトラクタブルトップ!

クローズ時は、かつてのNB型ロードスタークーペのような流麗なクーペスタイルで、これをフル電動でオープンにできるというのです!

クローズ時にはオープンカーには見えないですからね。

これはかっこいい!

ただ、残念なことにオープンにした時もリヤピラー部分が残りますので、見た目には完全にフルオープンにはなりません。

これまで、伝統的にフロント以外のピラーが一切残らないフルオープンになることがロードスターの特徴であったわけですが、それを潔く捨ててクローズ時のかっこよさを取った形です。

しかし、ソフトトップ仕様ならこれまでどおりフルオープンになるわけで、これまでの伝統も守り続けながら新しい取り組みにも挑戦していて、4代目ロードスターは革新的な車として名を残すことになりそうです。

新型ロードスターは、RHTではなくRFという呼び名になるようで、左右のリヤピラーが残る代わりにリヤウインドウの開閉が可能になっているそうです。

ん?でも、これって前にも似たよう車がありませんでしたっけ?

そうです、ホンダのCR-Xデルソルが、ちょうどそんな感じだったんですよね。

電動でルーフのみが格納されて、リヤウインドウが電動で開閉できるというやつですね。

ただ、CR-Xデルソルの場合はピラー部分が固定されたままでルーフが格納されていたのに対し、新型ロードスターの場合はリヤピラー部分全体が持ち上がってルーフを格納するため、厳密にはちょっと違います。

ボディ剛性の面ではCR-Xデルソルの方式の方が有利だと思うのですが、なだらかなファストバックスタイルを実現するためにはこの複雑な機構が必要だったのでしょう。

NCロードスターでは、ソフトトップとハードトップの違いはほぼルーフが柔らかいか硬いかの違いだったのですが、新型のNDロードスターではまったく違うバリエーションの車として展開することになりました。

これはロードスターの歴史の中でも大転換といえることですが、ロードスターにクーペ(風)ボディが加わったことは、新たなファンを獲得するきっかけになることでしょう。



Share