新型ワゴンRはかっこいいのかかっこ悪いのか

スズキを代表する軽自動車のワゴンRがフルモデルチェンジし、そのデザインに注目が集まっています。
キャデラックに似てるとか、ヴェルファイアのパクリだとか、あまり良い評価は聞かれませんが、私はそこそこ売れるのではないかと思っています。

確かに、発売前に画像を見たときは『マジか』と思いましたが、クラウンだって事前情報であのグリルを見たときは『マジか』と思いましたからね。
だけど、実物を見るとそれなりにかっこいいし(というか普通だし)、見慣れたら違和感なくなりました。
結局、少々違和感あるくらいのほうが印象に残って、やがて受け入れられていくんじゃないかと思うわけです。

それに、このデザインのおかげで、フロントから見るとちょっとワイドになったように見えますし、前席に座ったときの広々感はかなり向上していて、車としての魅力は確実に増しています。
ワゴンRって、そもそもこういう車だったはずです。

これまでワゴンRは、誰にでも受け入れられやすいデザインが特徴でしたが、まるで空気のような存在になってしまって、燃費や走行性能などは優れているのにすっかり忘れ去られた存在になってしまっていました。
それが、今回のこのデザインによって注目され、『へー、ワゴンRってこんなに進化してたんだ』となれば、再び軽自動車の代名詞的存在に返り咲くこともできるのではないかと思うのです。

もちろん、これだけ大胆なイメージチェンジをすれば失敗する可能性も大きいわけで、スズキとしては大きな賭けに出たというところですが、そこまでしなければいけないほどにスズキは追い詰められていて、それは車名別販売ランキングをみれば明らかです。

内容的には、現状でもっとも装備が充実し、もっとも優れたバランスの軽自動車といえる車になっているので、デザインさえ受け入れられればけっこう売れるでしょう。

個人的には、これでこそワゴンRだと思っていて、街中で見かけるようになったらかっこよく見えてくると思います。

問題は、このあとに登場する新型スペーシアのほうで、こちらは夏に登場する新型N-BOXとも闘わなければならず、失敗は許されません。
ユーザー層を考えるとワゴンRほど奇抜なデザインにもできないので、スズキとしては非常に難しいモデルチェンジになるでしょう。



Share