トヨタの新型SUVライズは現代のカローラか

トヨタから発売された新型SUVの「ライズ」は、5ナンバーサイズで使い勝手の良いSUVということで早くも人気車種となっています。

本来はダイハツの新型SUV「ロッキー」のOEM車という位置づけですが、トヨタの知名度や販売力のほうが大幅に勝るため、ロッキーのほうがOEM車であるかのような控えめな存在になっています。

デザイン面でも、特にフロントバンパーが大きく違い、ライズのほうが一般受けしやすいというのもあるでしょう。

発売前は、先行して発売され人気車となっているスズキ「クロスビー」のライバルと言われていましたが、実際にはそれとはキャラクターがまったく異なるので、直接のライバルとは言い難い存在です。

同じ1リッターターボで5ナンバーサイズというのはありますが、見た目の印象も使い勝手も全然違いますからね。

それにしても、ライズはよくできています。

特に「欲しい!」と思えるような特徴はないものの、「うん、これでいいよね。」と思えるバランスの良さがあります。

実車を見てまず思ったのは、「これは現代版カローラ」だなということ。

カローラと言えば、昔は国民車と言えるほど身近で完成度の高い車、買って損はしない車という存在でした。

しかし、そのカローラもいまや身近とはいえない価格になってしまいましたし、スポーツ色を濃くして気軽に乗れる車ではなくなってしまいました。

その点、ライズはおとなしいデザインでインテリアも普通。

単体で見ると普通にかっこいいんですが、走っているのを見ると、新型車なのに全然目立たないんですよね。

操作系も昔ながらの車のレイアウトといった感じなので、初心者から高齢者まで誰でも安心して乗れる車という感じがしました。

荷室もそこそこの広さがあり、後席の広さもそこそこ。

ちょっとした悪路も行けるし燃費もそこそこ良い。

SUVが特別な車ではなく、むしろ普通の車となったいまでは、このライズこそが昔のカローラに一番近い存在なんじゃないかと思いました。

ダイハツ製の車をカローラと呼ぶのはちょっと違うかもしれませんが、でも存在としてはそうだと思うのです。

車好きでない人から「特にこだわりはないんだけどなんかいい車ない?」と聞かれたら、「ライズにしておけば間違いないんじゃない?」と答えると思います。

ちょっと車にこだわりのある人だったら、クロスビーのほうをすすめるかもしれませんね。

愛着がわくのはクロスビーのほうだと思いますが、ずっと飽きないのはライズのほうだと思います。

1リッター車の自動車税が下がり軽自動車との差が少なくなったこともあり、ライズはまさに国民車として普及するポテンシャルを持った車なのではないでしょうか。

Share