ダイハツの新型車タフトはハスラーを抜くか


※写真はライバルのハスラー

軽SUVとして大ヒットとなった初代ハスラー。

そのハスラーが初のフルモデルチェンジで2代目となるタイミングで、ついにダイハツがライバル車を出してきました。

その名は、「タフト」。

名前からもタフなイメージのSUVであることがわかりますが、そのシルエットは2代目ハスラーとそっくりと言えるもの。

しかし、見た目の印象は両車でまったく異なります。

角張ったデザインとしながらも初代のファニーなイメージを残したハスラーに対し、タフトはゴツくて先進性のあるスタイル。

ヘッドライトひとつを見ても、優しい印象の丸型ライトを踏襲したハスラーと、角形でLEDを細かく配置した先進性のあるタフトでは与える印象も違いますし、アピールしたいターゲットも異なる感じがします。

タフトはまだ正式発売前ではありますが、軽自動車としては珍しくサンルーフを装備しているのも大きな特徴で、オートホールド機能を備えた電動パーキングブレーキなど、軽自動車らしからぬ先進性や快適性を実現しているところもハスラーとは異なります。

インテリアを見ても、道具感を前面に押し出したユニークなデザインのハスラーに対して、タフトはセンターコンソールを備えたスペシャリティカー感覚のインテリア。

あえて言うならば、初代同様に女性受けを狙ったハスラーに対して、タフトは車好きの男性をターゲットにしているように思えます。

さらに、タイヤサイズもタフトのほうが微妙に大きくなっており、同じ軽自動車でありながらハスラーよりも車格が上だと言わんばかりの主張が感じられます。

こうやって見てみると、この2台はサイズやジャンルからは明確なライバルとなるわけですが、案外比べる人は少ないんじゃないかと思うのです。

デザインの方向性や力を入れている部分が全然違いますからね。

もちろん、ライバルと見て乗り比べてみる人は多いでしょうけど、乗り比べてみても実は最初から気持ちは決まっているという人が多いんじゃないでしょうか。

で、タフトはハスラーを抜くのかという話ですが、正直わかりません。

ただ、ネームバリューではハスラーのほうが圧倒的に有利なので、その点ではタフトは苦戦するでしょう。

個人的にはハスラーも好きですが、かっこよさという点ではタフトのほうが気になります。

ハスラーがあまりにも多すぎて、そのイメージを強く残している新型ハスラーにそこまで興味が持てないというのもあるかもしれません。

もし私と同じような考えの人が多いのであれば、時間をかけてじわじわとタフトが売れてくることは十分考えられます。

新型タントの売れ行きが好調なダイハツがその勢いに乗って出す新型車ということで、タフトもヒットする可能性はあるでしょう。

あとはユーザーがどう判断するか。

発売が楽しみです。

Share